ウニモグワイパーモーター修理

ウニモグ416のワイパーモーターを開けてみました。

中身は中心にあるはず

の軸が曲がっていて回りませんでした

磁石側によりかかっています~

何とか力業で修正して回るようにはなりましたが・・・

ワイパーアーム自体が付くシャフトの通るガイド?みたいなものが削れまくっています。

軸が錆びてしまい、外側のガイドまで固着してしまった後そのままワイパーモーターを動かし続けたようです。

左が車体についていた物、右が今回作成した、真鍮棒から削り出した物です。

ん~新しいと気持ちがいいですね!

ブラケットにばっちり合いました。

あとは車体に戻すだけなのですが、取り外しにめちゃめちゃ苦労したのでチョット心配です。

ちゃんと動いてます、よかった~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です